読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Letters

Letters by Yuriy Kusanagi

書評『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』ロバート・キヨサキ著

お金

『金持ち父さん 貧乏父さん』は相当に学びが多く、読んでいてとても楽しい本だった。

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』はその続編だ。

 

ロバート・キヨサキ氏は、言うなればビジネス・投資界の村上春樹だと思う。

村上春樹氏の本は何冊か読んだことがあるんだけど、そのどれもがよく似た物語であることが多い。

 

キヨサキ氏の主張も基本的にはどの本でも一貫していて変わらない。

 

資産を増やして負債を減らす。収入を増やして支出を減らす。

それが金持ちになるためのシンプルな基本原則だ。

 

 

キャッシュフロー・クワドラントとは

 

キャッシュフロー・クワドラントは人々を収入源によって4つに分ける考え方で、

 

  • E: Employee (従業員)
  • S: Self-Employed (自営業)
  • B: Business Owner (ビジネスオーナー)
  • I: Invertor (投資家)

 

がそれに当たる。

 

このうち、金持ちへと通じる道はBやIのクワドラントに開けている。

ビジネスを所有し、さらに投資をすることで金持ちになる指針を示しているのがこの本の主な内容だ。

 

金持ちと貧乏人を分けるのはお金の使い方だ。

一度使ったら消えてしまうようなものにお金を使ってばかりじゃいつまでも金持ちにはなれない。

 

 

金持ちの思考回路をインストールできる

 

そういう意味で金持ちと貧乏人ではお金に関する習慣が違うし、その習慣を支える思考回路もまったく違う。

 

ロバキヨ氏(僕は親しみを込めて彼をこう呼んでいる)の本を読んで得られる最大の収穫は、金持ちの思考回路を自分の中にインストールできることだ。

 

大事なのは瑣末なテクニックや知識じゃない。

もっと根幹部分の、ものの見方・考え方が金持ちと貧乏人では決定的に違うのだ。

 

一度お金を使わないでいることに慣れてしまえばあとは簡単だ。

ロバキヨ氏も言うように、これは自転車の乗り方を覚えるプロセスとよく似ている。