Letters

Letters by Yuriy Kusanagi

書評『基本の78パターンで英会話フレーズ800』

決まりきったフレーズの集合体、それが言語だと思う。

 

僕たちが日本語を話すとき、いちいち主語がこうで動詞がこうで…と考えることはない。

こんにちはの語源は今日はだけど、僕たちがこんにちはという挨拶を交わすときは、意味なんて考えずにほとんど反射的に言葉を発しているはずだ。

 

これはフレーズが長くなっても変わらない。

今何してるの?遅くなっちゃってごめんも、ネイティヴの日本人なら反射的に口をついて出てくるフレーズだ。

 

生まれたての赤ちゃんは発音とフレーズのセットで言語を習得していくのであって、黒板に書かれた小難しい文法用語を暗記するわけじゃない。

 

つまり、英語もそのようにして習得するべきなのだ。

 

 

優秀なフレーズ集

 

というわけで、kindleで99円で売っていたこの本をさっそくダウンロードしてみた。

 

kindleは本当に便利だ。

cloud reader経由でブラウザから閲覧できるので、ネット回線さえあればアプリがなくても読むことができる。

 

肝心の内容はというと、かなりのフルボリュームで、教科書英語ではなかなかお目にかかれない表現も多数収録されている。

実際の日常会話よりもカタめ寄りな気がするけど、とっかかりとしては十分だと思った。