Letters

Letters by Yuriy Kusanagi

書評『ベーシック・インカム - 国家は貧困問題を解決できるか』

前半は正直ダルいページが続く。

でも、後半は読みやすく、最終的には筆者の意見に全面的に同意できると思える本だった。

 

 

ベーシック・インカムとは

 

ベーシック・インカムとは、現行の社会保障制度などをすべて廃止し、国民全員に月8万円程度のお金を毎月支給してしまおうという制度だ。

そんなお金がどこから?と思われるかも知れないけど、実は複雑な現行の制度に充てられている予算を統合することによってその財源は簡単に捻出できてしまう。

 

高齢者は年金をもらいすぎていて、生活保護が必要な人に行き届いていないのが日本の現状。

でも、それらの問題をすべて解決してしまう至極シンプルなソリューションがこのベーシック・インカムなのだ。

 

 

既に多くの人は生活のためには働いていない

 

生活のために働く時代はもう既に終焉を迎えていると思う。

 

安い賃貸物件はいくらでもあるし、格安スマホユニクロ、スーパーのセールなど支出を抑えようと思えばいくらでも抑えることができる。

多くの人はそれが嫌だから働いているのだ。

 

ベーシック・インカムはそういった時代の流れにもマッチしている。

贅沢をしたいから働いている人たちは、月8万円が支給されたからといっても働くことをやめないはずだ。

 

 

ベーシック・インカムは奇妙なアイデアではない

 

そういう風に考えてみると、ベーシック・インカムはそこまで奇妙なアイデアでもないし、現状の日本社会を激変させるほどのインパクトのある制度でもない。

 

はっきり言って、この社会には無駄が多すぎる。

それらをシンプルに削ぎ落とすことで、簡単に幸福は生み出せる。

 

こんなに合理的で簡単なシステムを導入しない理由はないだろう。